ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

iPhoneが充電できない!正規代理店で本体を交換してもらったので手順をまとめてみた

【スポンサーリンク】

2016年の2月にiPhoneを購入して、一年半ほど経ちました。

▼購入したときの記事がこちら

www.krkwasahi.com

今回、iPhoneが充電できなくなり、店舗で本体を交換してもらったので、その流れをまとめてみました。

 

 

iPhoneが充電できなくなってしまった!

 

この前の日曜日の夕方、用事を済ませてあとはゆっくりしようと、寝室で横になっていました。そのときに、iPhoneの充電をしていたのですが、時間が経っても充電がされていないことに気がつきます。

実は、前からうまく充電ができないときはあったのですが、今回は何回挿しても、また他の充電器を試してみてもダメでした。

 

この時点で充電の残量は10%ちょっと。残り少ない中、少しでも自分で対処できないかとネットで検索したところ、

 

・端子の汚れを拭く

・本体の端子の差込口に入いり込んでいる汚れをかき出す

 

といった対処で直ることもあると書かれていたので、試してみましたがやっぱりダメでした。汚れていたのは確かでしたが、特にゴミが詰まっているわけでもありませんでした。

 

差込口に懐中電灯を当てて見てみると、端子の一つが削れて黒くなっているのがわかりました。後から旦那が調べてくれてわかったのですが、この黒くなっている端子が充電に関わっているのではないかと。

▼こちらの図の5番目の端子(ピン5)

Lightning (インターフェイス) - Wikipedia

 

iPhoneの修理や交換をしてくれる店舗は?

 

できれば正規の代理店でお願いしたいなーと調べたところ、『カメラのキタムラ』でApple製品の修理をしてくれることがわかりました。

Apple製品修理サービス店舗一覧|カメラのキタムラ

店舗へは電車で30分ほどかかりますが、息子を連れて行けない距離ではありません。

 

修理・交換にかかる費用は?

 

 

iPhoneの本体交換修理にかかる費用

機種 修理費用
iPhone8 ¥41,904
iPhone7 ¥38,664
iPhone6s ¥36,504
iPhone6 ¥36,504
iPhoneSE ¥33,264

Apple製品修理金額|カメラのキタムラ

 

私はiPhone6sなので、36,504円!

画面が割れた場合の画面の修理のみであったら、もう少し安いのですが、さすがに本体を全部変えると高い。

 

ひえ~と思っていましたが、「そういや何か保証に入ってたんじゃなかった?」と思い出しました。

 

入っていたのは、AppleCare+(アップルケアプラス)。iPhoneの修理保証です。

AppleCare+ - iPhone - Apple(日本)

 

すべてのiPhoneには、

・製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証

・90日間の無償電話サポート

がついているのですが、AppleCare+に入ると、

・保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長

・画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)で最大2回まで受けられる

という特典を受けることができます。

 

AppleCare+の値段は、

iPhone 7 Plus、iPhone 6s Plus:16,800円
iPhone 7、iPhone 6s:14,800円

 

私は、auで600円/月(初回1000円)を払うように契約をしていたのですが、支払い料金が高いので正直解約しようかなと思っていたときもありました。しかし、解約が面倒でそのまま…だったのですが、まさかここで役立つ(?)とは!

※調べたところ、auショップ・au取扱店が受付を行なうAppleCare+は、2017年9月21日をもって受付停止となったそうです。

 

AppleCare+の値段14,800円+修理費用11,800円26,600円

AppleCare+に加入していない場合は36,504円支払うことになるので、お得です。

 

この時点で、部品の修理だけで直るのか全部交換なのかはこの時点でわかりませんでしたが、本体の交換をお願いする方向でいこうと決めました。

 

店舗に行く前にしておくことは?

 

充電ができなくなったのが夕方でしたが、その後は調べたりバックアップを取ったりバタバタしているうちに受付終了時間(19時)に間に合いそうになかったので、翌日行くことにしました。

慌てて店舗に行く前に、やるべきことをちゃんとやってから行くようにしましょう!

 

やっておくべきことは、この二つ。

 

・データのバックアップを取る

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 - Apple サポート

 

・「iPhoneを探す」の機能をOFFにする

iCloud: 「iPhoneを探す」からデバイスを削除する

 

 

店舗に行くも2時間待ち!

 

 

旦那がiPhoneを傾けながらうまく充電してくれたので、当日は何とか使える状態で店舗に向かいました。

 

早く行こうと思っていたのに、結局店舗に着いたのは13時過ぎ。予約をしていない人は整理券をもらうのですが、「2時間後くらいになりますがいいですか?」と言われました。えー2時間!?さすがにここまで待つことは想定してなかった!!

受付はできたものの、息子と二人で2時間も外で過ごすのは、普段近所しか移動していない私にとってはなかなかのミッション。

f:id:krkwasahi:20171017234617p:plain

 

こんな感じで、再び店舗に向かうときにはすでに疲れていました。

15時15分~45分ごろの受付と書かれていたので、15分過ぎに行きましたが、呼ばれたのは45分ごろでした。

 

交換時間は10分ほどで終わる

 

 

担当の方が差込口の奥を見てくれましたが、「部品の交換はできないので、本体を交換したほうがいい」とのこと。即「お願いします!」。

在庫をすぐに持ってきてくれて、あっという間に本体の交換が終わりました。10分くらいです。

 

手続き自体はすぐ終わったので、やはり待ち時間がネックだと思いました。開店直後に行くか、ネットで予約ができるのでそれを利用する手もあると思います。

最初、ネット予約をしようと思っていたのですが、2日後の火曜日からしか枠がなく、できれば一日でも早く交換したかったので、しかたなく月曜日に行くことになりました。なので、緊急というわけでなければ、予約して行くのが正解かなと。

早かったとはいえ、家に着いたのは17時を回っていました。全部で約5時間半かかりましたが、交換できてよかったです。

 

auスマートパスに加入していればお見舞金がもらえる!

 

 

担当の方に「auスマートパスに入っていますか?入っていたら10,000円戻ってきますよ」と説明がありました。

ん?そういや入っていたような…。

 

▼『壊れたiPhone/iPadを修理する』 のページに詳しく書いてあります。

あんしん - auスマートパス

 

iPhone6sであれば、購入から2年の間に10,000円の保障が2回受けられるとのこと。

これは知らなかった…実質ほとんど戻ってくるということですね。

 

手続きは簡単で、申請書をダウンロードして記入し、交換したときにもらった修理証明書を一緒に郵送するだけ。審査を経て、2~4週間後に振り込まれるそうです。

 

まとめ

 

 

・店舗は混んでいる可能性があるので、待ちたくなければ予約する

・店舗に行く前にバックアップを取る

・AppleCareやauスマートパスなどの保障制度を確認しておく

 

このあたりを気を付けていたらいいのかなと思います。

 

故障というと、画面の破損や水没などのイメージしかなかったのですが、まさか充電器の差込口が故障するという…想定外でした。

原因はよくわからないのですが、例えば、硬いゴミが差込口に入ってしまってそのまま充電器を挿してしまった、というようなのが考えられます。まあなんにせよ雑に扱っちゃダメですね。

 

そして、AppleCare+とauスマートパスに加入しててよかったー!ということ。

本体の料金の支払いが終わったら、格安スマホにしようかと考えていましたが、故障したときの保証などもちゃんと調べておかないとなと思いました。もちろん、故障させないことが一番ですが。

 

以上、iPhoneの本体を交換してもらった話でした。

せっかく新しくなったので、これからは大切に使います!