ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

はじめてJINS(ジンズ)でメガネを作ってみた

【スポンサーリンク】

 

6年ぶりにメガネを作ろう!

 

メガネとコンタクトレンズがないと生きていけないほど超ド近眼な黒川です。

メガネ歴は15年。両親ともに近眼のメガネ一家なので、今までは、母が作るタイミングに合わせて、近所のメガネ屋さんに行って作ってもらっていました。値段はおそらく3万円ほど。(払ってもらってたからわからなかったけど)結構高い!!

 

今まで仕事などで外に出かけるときはコンタクトレンズを付けていましたが、現在、育休中なのでほとんどメガネをかけて過ごしています。

「そういえば今かけているメガネを作ったのって6年前くらいじゃない?」と気付き、前から気になっていたJINS(ジンズ)でメガネを作ることにしました。

メガネ・アイウエアブランドのJINS - メガネ(眼鏡・めがね) | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)

 

JINS(ジンズ)のイメージは、

安い!(できあがるのが)早い!

というイメージがありましたが、正直クオリティはどうなんだろうという不安がありました。

しかし、クオリティはもちろん、全体的に見ても思った以上によかったので、ぜひおすすめしたいです。

 

ショッピングモール内の店舗は子連れでも安心!

 

今回は、ショッピングモール内の店舗で作りました。

二本買うと一本が10%オフになるとのことだったので、私と旦那でそれぞれ一本ずつ購入することに。

 

まずは、フレームを選びます。店員さんはいるけれど、こちらから声をかけない限りは話しかけられないので、コミュ障の私にはありがたい!

「自分に似合うフレームがわからない」って人は、店員さんに聞いてもいいと思います。

 

フレームを選んだら、カウンターに持っていきます。すると、番号札をもらえます。順番に視力測定とカウンセリングをしてくれます。

 

ちなみに、夏休みの平日に行きましたが、込み具合はまあまあといったところ。視力測定の待ち時間は10分くらいでした。店舗内にイスがありますし、通りに面しているので、ベビーカーと一緒でも待つのには苦になりません。

※土日の昼間とかだとかなり混んでいるようなので、空いている時間を狙ったほうがいいかもしれません。

 

旦那と交代で息子を見ながら、視力測定→カウンセリング。視力測定は機械で測定してくれるのであっという間です。カウンセリングでは、「オプションはどうしますか」という話が主でした。

 

JINSではレンズに機能を追加することができます。

・ブルーライトをカットするレンズ:+5000円

・遠近両用レンズ:+5000円

・カラーレンズ:+3000~5000円

私は、特に追加しませんでした。

f:id:krkwasahi:20170902220751j:image

 

JINSの一番の特徴は、レンズを薄くしても料金が変わらないところ。

ド近眼の私にとって、これはかなり重要!

このイラストの一番右の屈折率「1.74」の薄型レンズにしてもらいました。

f:id:krkwasahi:20170902220755j:image

 

視力検査とカウンセリングが終わると、料金を支払います。

旦那は一切オプションを付けなかったので、約1時間後に完成するとのこと。私は薄型レンズを選択したため一週間ほどかかるとのことでした。

フードコートで息子にミルクをあげて、帰り際に取りに行きました。本当にあっという間です。

 

完成したメガネがこちら!

 

私の分だけ、一週間後に取りに行きました。 

f:id:krkwasahi:20170901153315j:image

いい感じです!

そして、メガネケースがかわいい!ペンケースみたいですが、内側にクッションが入っています。ケースはフレームによって違うみたいです。旦那は普通の黒いケースでした。

ちなみに、今まで付けていたメガネがこれ。

f:id:krkwasahi:20170901153344j:image

並べてみました。

f:id:krkwasahi:20170901153347j:image

変わったところは、

・色がエンジ色→ベージュ色に(顔になじむように薄くしたかった)

・レンズの幅が広くなった(小顔効果?)

・全体的に大きくなった

これくらいです。

 

JINSメガネのメリット

 

やはり、安いのが一番の魅力。先ほど書いたように、薄型レンズにしても追加料金がかからないので、近眼の人にはありがたいです。

ただ、一番薄い屈折率「1.74」であっても、私のようなド近眼(‐6.50くらい)だと、レンズがフレームから2mmほどはみ出てしまいます。ですが、これくらいなら許容範囲です。気になるのであれば、厚いフレームを選ぶといった対策が必要です。

f:id:krkwasahi:20170901153352j:plain

 

あと、余計な装飾がないのも嬉しいところです。

今まで付けていたメガネは、横に切れ込みで模様が入っていて、ストーンが付いています。でも、正直こういうのいらないんですよね。

f:id:krkwasahi:20170901153322j:image

JINSメガネのデザインはシンプルなものが多いです。色や形は豊富に種類があるので、お気に入りのものが必ず見つかると思います。シンプルが好きな人に合っていると思います。

 

いらないメガネはリサイクルボックスへ

 

店舗のレジの近くに、リサイクルボックスが置かれていて、いらなくなったメガネをリサイクルに出すことができます。

ようやく、7年前に作ったメガネを手放しました。 

f:id:krkwasahi:20170901153410j:image

当時はコンタクトレンズを止めてメガネで生活していたので、それこそ体の一部のように身に付けていました。

度が合っていないし、スペアとしての役目を終わったので、リサイクルボックスへ…今までありがとう。

 

JINSメガネのまとめ

 

安くて高品質なメガネが早く手に入るのは、外出がままならない小さな子どもがいる家庭には大助かりだと思います。ショッピングモールに来たついでに作れるってのがいいですよね。実際に、小さな子どもを連れたママさんたちも何人か見かけました。

あと、視力さえわかっていれば、ネットで注文もできます。いやはや、まさかネットでメガネが買える時代が来るとはね…すごい世の中になったものです。

商品を受け取るときに、オンラインショップ限定の「30%オフのクーポン」を一緒にもらったので、さっそく旦那が追加でメガネを注文していました。5000円のメガネが30%オフで3500円!かなりお得ですよね。

メガネが欲しいけどメガネ屋さんに行くのに抵抗がある人、安く抑えたい人、何本かを使い分けたい人は、ぜひJINSでメガネを作ってみてはいかかでしょうか?