ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

妊娠がわかったときのこと

【スポンサーリンク】

お久しぶりです。黒川あさひです。

そういう訳で、しばらくブログをお休みしていました。休んでいる間も訪問してくださった方、ありがとうございます。

 

4月中旬某日、この日は平日でしたが二人とも休みで、昼頃にスーパーに買い物に行った後は家でゆっくりしていました。少し疲れていたので仮眠をとり、起き上がろうとしたところ…なぜか起き上がれない。だるい…いや、なんだか気持ち悪い…。無理やり起きてふらふらとリビングに戻り、熱を測ったのですが平熱。とうとう「吐きそう!出る!」という段階まできてしまい、ゴミ箱を口元に持ってきて、うつ伏せになり、旦那に背中をさすってもらい一回目の嘔吐。f:id:krkwasahi:20160525171400p:plain

原因はなんだ?と頭の中でぐるぐると考えました。何年か前に嘔吐を伴うインフルエンザのようなものに罹ったことがあるのですが、熱は平熱なのでこれは違う。ここで私の中で一つの仮説が思い浮かびました。まだ気持ち悪くて起き上がれない状態だったので、旦那に「検査薬買ってきて…!」と頼みました。旦那はすぐに薬局に行き、買ってきてくれました。その間に二回目の嘔吐。ここまで吐いたらだいぶ楽になったので、検査薬を手にトイレに駆け込みました。検査薬に尿をかけると、コントロールの線よりも先に陽性の線がブワッと現れました。

「あ、本当に妊娠したんだ…」

嬉しい!というよりも、正直驚きの方が大きかったです。旦那に報告すると、「おめでとう」と言ってくれました。旦那に向かい合うと、じわじわと嬉しさが込み上げてくるのがわかりました。「この人との子供を妊娠できてよかった」と思いました。ただ、唯一の気がかりが仕事でした。転職してまだ一年なので、正直この時期に妊娠してしまって申し訳ない…という気持ちがありました。結果的につわりがひどく働ける状態ではなくなってしまい、しばらくお休みを頂くことになってしまったので、本当に大迷惑をお掛けしてしまいました。つわりのことは、また次の記事に詳しく書きますが、常に気持ち悪いし、家事もほとんどできないしで、度々旦那に「もうやだよー!」と泣き散らしていましたが、「毎日頑張ってるよ。今は仕事のこととか考えなくていいから。今が一番無理したらいけないときなんだから安静にしてて。」と言ってくれて少し楽になりました。

今、11週なのですが、起きたときや寝る前はやはり空腹になるので気持ち悪くなりますが、前に比べるとだいぶましになってきました。今後は、仕事に復帰できるように体力を付けていきたいし、出産後のことも少しずつ夫婦で話し合いながら、前向きに乗り切っていきたいと思います。