ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

夫婦間でピリピリとした空気になったらどう対応すべきか問題

【スポンサーリンク】

夫婦の間で、ちょっとしたすれ違いでピリピリとした空気になってしまうこと、あると思います。

どうしたらいいのか悩みますよね。

無視する?

あえて明るく接する?

 

最初はどうしたらいいのかわからなかったのですが、ようやく旦那にどう対応したらいいのかわかってきました。とはいえ、まだまだ試行錯誤中ですが…

 

夫婦間でピリピリとした空気になったらどう対応する?

  

ピリピリとした密室空間に閉じ込められた!

 

 今からちょうど一年前、元旦のことでした。

 

まだ正式な同居はしていなかったのですが、年末年始は二人とも休みだったので新居で正月を迎え、元旦の昼から買い物がてらにショッピングモールに行くことにしました。

 

その日は少し雪がちらついていたのですが、車で行くことに。着いたときはそうでもなかったのですが、しばらくすると雪はだんだんと強くなり、とうとう本降りになってしまいました(別館との連絡通路から外の様子が見えたのです)。

 

「強くなる前に帰ろう」と急いで車に戻ったのですが、考えていることはみんな一緒で、駐車場から出ようとする車で溢れていました。不幸にも、入り口から一番遠い、屋上のしかも一番奥の方に止めてしまったので、出ようにも出られず車は一向に動きません。

 

最初は「困ったねー」と笑っていたのですが、だんだん口数が減っていき、イライラし始めました。

「何で動かないの」「何でこんなときに大雪が降るの」「そもそも電車で行けばよかった」そんなどうしようもないことを考えながら旦那を見ると、旦那も相当イライラしているようでした。

 

こんなときはどうしよう。無理に明るく振る舞うよりも静かにしておいたほうがいいのか、でもずっと黙っているのも変だし…と思っていると、旦那が「店のホームページとかに何か情報は載ってないの?」と聞いてきました。スマホでホームページを見てみましたが、特にそれらしい情報はありませんでした。

そうだ、と今度はTwitterで検索することにしました。すると、「雪の影響により出庫に時間が掛かっています」というツイートを見つけ、それを見て二人ともちょっとだけ気分が楽になりました。徐々にですが雪も弱まり、車に乗り込んでから2時間後、ようやく駐車場を出ることができたのでした。

 

ピンチはチャンス!ピリピリした空気を打破する方法を考える

その日のことは今では笑い話になっていますが、あのような状況になったときにどう振る舞ったらいいか、とても勉強になりました。一緒に住むようになってからも、時々そのようなピリピリとした空気になることがあります。私が気を付けていることは、以下のことです。

 

自分に原因があり、改善する余地があるとき

私が何かやらかす→旦那が注意する、というのはよくあることです。

そのときは素直に「ごめん、今度からこういうふうに気を付けるね」と言えばだいたいOKです。下手に言い訳したり開き直ったりすると余計こじれます。

 

原因はあるけど、どうしようもないとき

先ほどの駐車場に缶詰めになってしまった話ですが、「雪が降っていたのに車で行ってしまった」という原因はあるけど、それはどうしようもないことで、今後同じようなことがあっても改善できるというわけにはいきません。参考にはするかもしれないけど、その状況になってみないとわかりません。

そういうときは、「あの時、ああすればよかった」なんて言ってても意味はないので、冷静になってみましょう。

何でイライラしたかというと、「出られるか不安だから」でした。もちろんいつかは出られるのは確かなのですが、車の中から動けず(実際には車から外に出て確認している人も何人かいましたが)、どんな状況になっているかわからなかったのはものすごく不安でした。なので、Twitterで情報を得られたことにより不安が収まったのです。

 

原因が特にない(たいしたことない)とき

f:id:krkwasahi:20160119202433p:plain

 例えばちょっと疲れていて家事をしたくないな~なんてときは、やっぱりイライラしてしまいます。洗ったお皿をガシャンガシャンと荒く置いたり、話しかけられても不愛想な返事をしてしまったり…でも、それは家事が終わって少し時間が経てば収まります。

 

もし、どうしても気になってしまうのであったら、何もないときに「イライラしてるときにどうしてほしいか?」と相手に聞いておくのもいいと思います。放っておいてほしい人もいれば、逆に構ってほしい人もいます。ちなみに旦那の場合は「放っておいてほしい」でした。なので、思う存分放っておきます(笑)

 

悪いときなんて長い目で見たら一瞬のこと

これから長い夫婦生活を共にしていく中で、こういうことは絶対に起こりうります。それをいちいち取り合っていては大変です。もちろん、しっかりと話し合わなくてはいけないとき、意見する必要があるときは言わなくてはいけませんが、大したことでなければわざわざ波風を立てる必要はないと思っています。

 

こう書くと、「言いたいことを我慢している」のではないかと思われますが、そうではありません。例えば相手がイライラしているのを見て、「何でイライラしてるの?心当たりはないんだけど…イライラされるとこっちも気分悪いんですけど!」と思ったとしましょう。

ここで一回冷静になってみるのです。さて、ここでワーッと怒ってしまったらどうなるか?相手を凹ませてしまう、もしくは逆切れされてしまう、どっちにしろ収拾がつかなくなります。

だったら、放っておこう、もしくはやんわり聞いてみよう。つまり、言いたいことを言ってしまった後のことをシミュレーションすることで、余計な一言を言わなくて済むのです。これは我慢しているというわけではありません。

 

例えば、結婚してからどちらかが死ぬまで約50年一緒に生活するとします。私たちは結婚して一年くらいしか経っておらず、それは全体のたったの50分の一。そして、この今ピリピリしている状態は365分の一のそれまた何分の一…って考えていくと、たいしたことではないと思いませんか?細かいことにいちいち目くじらを立てるのではなく、トータルで見て夫婦生活が幸せであったらオッケーなんじゃないかなと思います。