ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

とことん話し合える関係か?

【スポンサーリンク】

f:id:krkwasahi:20151101160921p:plain
突然ですが、女優の堀北真希ちゃんが先日結婚を発表しました。
私が高校生の頃から今までずっとファン(と呼べるかは怪しいですが…でも写真集はいくつか持っています)だったので、それはそれは衝撃でした。交際期間約3か月からの入籍という電撃結婚ということで世間は驚いています。旦那にそのことを言うと、「僕たちも半年じゃん」と。ああ、確かに。そうでした(笑)しかも私たちは結婚するまで中距離恋愛でしたので、交際から入籍までの間で会った回数は10回くらいだと思います。でも交際する前から一応知り合いではありましたし、お互いの人柄はなんとなくわかっていたのでそこまで不安はありませんでした。
真希ちゃんとお相手も6年前の共演から知り合いということなので、今回とんとん拍子に事が進んだのも何も珍しいことではないのかなと思います。とにかくお幸せに!!(でもちょっと寂しい…)

***

さて、本題に入ります。私が旦那との結婚を決めた理由は、この人とならいろんなことを話し合って一緒に頑張って行けそうだと思ったからです。この話し合うというのが夫婦生活には重要です。
家族との顔合わせ、新居の準備、結婚式…結婚をする前から話し合わなければいけないことは山のようにあります。意見が食い違うことももちろんあると思いますが、そんなときこそ感情的にならず冷静に話し合いを続けられるかどうか。
私が前に付き合っていた人と、」理由は忘れてしまいましたがケンカをしたとき、怒った相手が「一人にしてほしい」と言ったんです。そう言われてしまうと、一人にしておくしかなく私は彼の部屋を後にしました。その後どうしようかと考えましたが、このまま放っておくわけにもいかずメールで謝り仲直りをしたのですが、根本的な問題の解決はできていませんでした。
誰にだって言いにくいことだってあるだろうし、話し合いが面倒くさいなあと思うことだってあると思います。でもそこで逃げてしまったら結局何も解決はしません。旦那は「言わないとわからないから何でも言って」と言ってくれるので、私も安心して自分の意見を言うことができます。
そもそもケンカってどっちかが話し合いを拒否することで起こるものです。言葉遣いが悪くて傍から見たら「ケンカしているの?」と思うような場合でも、それが話し合いになっていればそれはケンカではありません。結婚する前に、一回何か話し合いをしてみるといいかもしれないですね。