ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

来年の家計簿はスケジュール帳で

【スポンサーリンク】

一年間、家計簿をつけていて思ったこと 

今年の家計簿はこれを使っていました(リンク先は2016年のものです)。

www.amazon.co.jp

ちゃんとした家計簿を使うのは初めてだったので、どうしようかと旦那といろいろと検討した結果、スヌーピーで可愛いし中身も書きやすそうという理由で決めました。

中身はこんな感じ(書き方の例のページ)。

f:id:krkwasahi:20151206212600j:plain

見開き一週間で、『食べる』『暮らす』『その他』という3項目に分かれて書き込むだけでOKという手軽さだったので、難なく続けられています。クレジットカードで購入したものはページの下に別に記入するところがあるので、そこに書いています。

また、後ろの方に月ごとのまとめというページがあり、そこに収入と支出(通帳で管理しているお金と家計簿で管理している生活費を細かく記入できます)を書き込むことができます。

ただ、実際に使ったのはこれらのページだけなので、今年はもっとシンプルな家計簿にしてもいいんじゃないかと思うようになりました。

 

今年の家計簿は無印良品のスケジュール帳にしました 

www.muji.net

 今まで、3項目に分けて書いていましたが、実際は『食べる』の項目がほとんど(外食もここに書いてしまいます)で、『暮らす』である生活用品などは月に2~3回しか購入しないので、わざわざ分けなくてもわかるように書いておけば問題ないんじゃないか、と思いました。『その他』の項目にいたっては、一年間を通して見てみると、ガソリン代とプレゼント代くらいしか書いていなかったのでこれも必要ない(笑)

なので、日付と買ったお店と金額がわかればいいので、普通のスケジュール帳でいいのではという結論に。後ろの方にフリーのページがあるので、そこに月ごとのまとめを作ることにしました。自分で書いた方が、項目を好きなようにアレンジできますしね。

あと、レシートを入れた封筒を家計簿に挟んでいるので、封筒が挟めるくらいの大きさであることも考慮しました。スヌーピーはB5だったので、無印のはA5で少し小さくなるのですが、今後保管しておくことも考えると(後から見返せるように、せめて1年間くらいは取っておきたいなという気持ちがあります)これくらいの大きさがベストかなと思います。あと厚さははるかに薄くなりました!

 

まずは普通の家計簿を使ってみて必要なところを見極める

最初に書いたように、家計簿を使うのは初めてだったのですが、実際に一年間使ってみると「ここは必要だけどここまで書く必要はないかな」という見極めができるようになりました。

私たちの場合、

・日付、購入したお店、金額を記入する

・月ごとの収入と支出を一覧で見られるようにする

・レシートは一年間保管する

この3つが必要だとわかりました。レシートを1年間保管しておくというのは旦那の意向なのですが、私は最初「別に取っておく必要なんてないんじゃないの」と思っていました。しかし、少し前に旦那がネットで風邪薬を買おうとしていたときに、前にドラッグストアで買ったときの値段が知りたくなったようで、家計簿から購入した日付を確認し、封筒からレシートを探し出し無事に値段を知ることができたのでした。そういうことがあって、ある程度の期間で取っておくのも悪くはないのかも…と思うようになりました。

これから結婚をして家計簿をどうしようか、と考えている方にアドバイスをするとしたら、まずは普通の家計簿を買って記入してみて、その次の年から使うところだけを抜粋したらいいんじゃないかなと思います。もちろん、家計簿をつける必要がないなと思ったらつけなくてもいいわけでですし。

こういう記事を書いてみて、ミニマリスト、シンプルライフ系ブロガーの方は家計簿をどのようにしているのか気になりました。家計簿も断捨離している方が多いのでしょうか?