ゆるたん結婚生活

地味なオタクが突然結婚!?結婚生活を上手くやるコツを紹介しています

25歳で初めてネット婚活をしたときの話(3)

【スポンサーリンク】

 

krkwasahi.hatenablog.com

krkwasahi.hatenablog.com

 ネット婚活したときの話の最終話です。

***

何度かメールのやり取りをしたCさんと実際に会うことになりました。

もうね、心臓バックバク(死語)ですよ。

まともなデートなんて前に付き合っていた人と別れて以来4年ほどしていなかったし。

そしてまず問題になったのはどんな服を着て行けばいいのか?

男性受けのよいパステルカラーで女子アナみたいな服がいいんだろうと頭ではわかってはいたんですが、

残念ながらそのような服は持っていませんでした。

普段、職場に着いたらすぐに着替えてしまうので、いわゆるオフィスカジュアルのような服は持っていませんし、

オフの日はTシャツ+キャミソール(カットソー)+ジーンズ+スニーカーのような恰好が好きなので。

手持ちの服をひっくり返して、何とか完成させたコーデがこちら▼

f:id:krkwasahi:20150921170206p:plain

これが精一杯でした… (※誤字があります:汚ない→× 汚い→○)

まあでも普段着ないような服をわざわざ買うのはもったいないしね!と自分に言い聞かせていざ出陣です。

***

 11月某日14時、私の住んでいる町の駅で待ち合せました。

Cさんをぱっと見て思ったことは、

「あっ…思ったよりも年相応だわ…」

プロフィールの写真では32~33歳くらいに見えましたが、実際は実年齢の36歳もしくはそれ以上に見えました(眼鏡をかけていたせいもあるかもしれませんが)。

でも清潔感はありましたし、一緒に並んで歩いてみても嫌悪感はありませんでした。

 行き先はメールの段階で「水族館にしましょう」と話をしていましたが、それ以外は全くノープラン。

とりあえず、駅に入っているカフェに入ろうか、となりましたが、祝日というころもあり満員で外にある椅子に掛けて待っていました。その間、横に並んで話をしたのですが、会っていきなり向かい合って話すよりも緊張しなかったのである意味ラッキーでした。

カフェでケーキとお茶を頂いた後、水族館に。

薄暗いし会話がなくても何とかなるし、何より自分が水族館が好きなので、水族館でよかった…!と思いました。

その後、少し早かったのですが夕飯(お寿司)もごちそうになり、19時頃にお開きになりました。

超健全!ネットで知り合った異性に会うなんて初めてだったけど、変な人じゃなくてよかったー!

なんてのんきなことを考えながら帰宅しました。

***

しかし、家に帰って冷静になったのか、

あんなに普通の人が30後半になるまで結婚していないのって何かあるんじゃないのか?

と思ってしまいました。

その後、会話を思い出したり、後からわかったことをまとめてみると。

・プロフィールの家族欄に「母」しか書いていない(最初にプロフィールを見たときは気が付かなった)

 もしかすると母子家庭 (年齢を考えるともしかして介護要員を探していたのかも…)

・食事の時に名前を書く名簿に、名字ではなく名前を書いていた

 女性が「この名字にはなりたくない」と思うような名字だったりして… 

母子家庭は仕方ないにしても、同居、介護はやっぱりあるよりないほうがいいですからね…ちょっと尻込みしてしまいました。

***

結局その後どうなったのかといいますと、

「年末年始にもう一回会いましょう」という話はしていましたが、向こうが忙しいようでだんだんとメールの回数が減っていき、そのまま自然消滅しました。

それが1月頃の話で、その数か月後に旦那と連絡を取るようになり結婚に向けて話が進んでいきましたので、婚活サイトを退会しました。

 ***

婚活サイトに登録してみて思ったことのまとめ。

・その人の人柄はメールしてみないとわからない。

プロフィールを見ていいなと思っても、メールをしてみたら「あれ?」と思うことが多かったので、まずはちょっとでも気になったらメールをしてみるほうがいいのかもしれません。(複数人とメールするのは思った以上に大変ですが…)

・会うのはある程度メールをしてから。

「すぐに会ったほうがいい」というアドバイスもあるかと思いますが、1、2回のメールだけでは人柄はわかりません。前回の記事のAさんのように、誰でも最初は頑張りますからね。

***

長々と書いてしまいましたが、大した内容ではないですね…。

以上、ネット婚活をしたときの話でした。